未分類

速読が身につかない人には、3つの決定的理由があった(4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々のイライラやストレスから解放され、自分に自信がつき、人に優しくなれる。

人生を先読み出来る脳の使い方をお伝えする

楽読(速読)京都四条烏丸スクールインストラクターの前田です。

【最終回】速読が身につかない人には、3つの決定的理由があった!

~速読本での独学では、身につかない理由~

 

こんにちは!京都のやさしい速読スクール(楽読)主催の前田英志です。

これまでに「出来る人が周りにいるか?」「出来る人に教えてもらう環境があるか?」という2点についてお話してきました。

いよいよ今回は最終回。

速読が身につくかどうかの決め手についてお話をさせてください。

「できる」ようになるまで、続けられるかどうか?という点です。

 

前の回で、速読の本を読んだだけで速読が身についた人には会ったことが無いという話をさせてもらいました。

それには理由があるんです。

まず、速読の本を買った人はこんなパターンに分類されます。

 

1、本を買ったけど、結局読んでない

2、ちょっと読んでみたけど、よく分からなかった。

3、一通り読んでみたけど、それで終わり。

4、一通り読んで、書いてあることを少し実践してみたけど、よく分からなかった。

5、書いてあることをしばらく実践してみたけど、効果を感じられなかった。

 

大体、こんな感じで、僕が出会った方は1~2が多かったかなという印象です。

これで身につく訳はありませんよね(笑)

 

では3~5の人ですが、3の人はやってない、4の人もちょっとやっただけ、5の人はやったのに成果を感じてない。

こうやって見てみると、『速読ってやっぱり難しいもの。』『特別な人しか出来ないんじゃないの』と思われる人も多いと思います。

実際、世間一般ではそんなイメージを持ってる方が多いかなと感じています。

求めてるレベルにもよりますが、これまで9年間教室を運営してきて感じるのはこれです。

 

  • 多くの方が求めてるレベルなら、簡単に身に付く!

 

簡単に身につくのに、これだけ挫折しているのには明確な理由があります。

「独学」をするからです。

もう少し突っ込んで言うと、独学が悪いのではありません。

本で書かれている内容やパソコン上でやる速読トレーニング(学習塾さんに導入されている事が多いです)は“訓練”という感じです。

(個人的な感想及び過去に体験された方の声を集約すると)訓練=楽しくないんです。

訓練という言葉を聞いてどう感じますか?

シンプルに、「やりたい!」と思えるか、そうじゃないかです。

誤解を恐れず言うと、普通の速読トレーニングって楽しくないんです。(あくまで個人の所感ですよ)

速読の本に書いてあるトレーニングだと淡々と速く見たり、眺めたりする。

パソコンでやるタイプだと、画面上の速く動く文字とをひたすら目で追うって感じで黙々とやるもんなんですね。

向き不向きはあると思いますが僕には面白いと思えません。

続けたいと思わなかったです(笑)

 

例えば、パソコンに向かってトレーニングする教材、高い物で30万円近くするそうです。

過去にそれを買ってやってみたけど挫折したという人が、僕の生徒さんだけで9人もいます。

それだけの投資をする人でも続かない訳です。

 

楽しいと感じにくいのは、一人だと成果を感じにくいという事もあります。

たとえば、速読のトレーニングには「内容を読み取らずにただ文字を見ていく」っていうのがあるんですが、

これを一人でやってると多くの人が『これ意味あるのかな?』とか『これであってるんだろうか?』と不安になったり、

出来てない方にフォーカスがいき、辞めてしまう人が多いようです。

確かに手ごたえがないと不安でやめてしまいますよね。

 

ちなみに、前回の記事で例外の方がいると書きました。

それは「世界一楽しい速読」と言う本(楽読から出版されています)についているレッスンDVDを使って、

1カ月位自主トレを続けてくれた方です。

その方は、体験に来てくれた時、既に一般平均の4倍近い速さになっていました。

1カ月間の自主トレで成果を感じていたので「教室に通えばもっと成果が期待出来る」と思ってきてくれたそうです。

実際に更に速くなっていきました。

例外と書いていたのは、1カ月も自主トレを続ける方はめったにいないからです(笑)。

すごいですね!

 

この方は例外ですが、速読はやはり、独学で身に着けるのはとても難しいものです。

逆に「できる人が近くにいて、できる人に教われる環境があって、できるまで一緒に練習する」ことができれば、

ほとんどの人ができるようになるのも速読の特徴です。

自転車の乗り方と一緒なんです。

 

これまで4回に渡り速読のコツについて書いてきました。いかがでしたでしょうか?

色々書いてきましたが、改めてお伝えしたいことは「速読は誰でも簡単に身に付けられる!」ということです。

 

ただ、独学は僕はオススメしません(笑)。

他の速読スクールでもいいので、まずは体験会に行って「できる人はどんな感じなのか」を実際にあなたの目で見てみてください。

それだけでも速読のコツ習得にぐんと近づくと思いますよ!

その際にはぼくの楽読スクール(京都四条烏丸スクール)もぜひ候補に加えてくださいね!

京都のやさしい速読スクール(楽読) 主宰 前田英志(まえだえいじ)

■楽読の詳細と体験内容はこちらをクリック

楽読の体験日程はこちらをクリック

The following two tabs change content below.
前田 英志
前田 英志
楽読インストラクター楽読京都四条烏丸スクール
全国100人以上いる楽読インストラクターの中で関西NO1のキャリア、レッスン実施回数は全国NO1、開校して10年目です。速読のスキルはもちろん、「自分を変えたい!けど、何をして良いか分からない」と思っている方はぜひお越し下さい。楽読を始める前の僕もそうでしたので気持ちがよく分かります。全力でサポートをします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

*